怖い糖化ストーリー・・甘党スタバ女子の行く末~番外編①糖化の話

元甘党スタバ女子の私のストーリーにお付き合い頂き、ありがとうございます。

糖化年齢65才と判明した37才の自分。

何人かから、

“こわい!糖化は糖分控えればいいの?!”

という意見を頂いたので、私のストーリーは一旦置いといて、主に糖化ストレスについて書きたいと思います。

まず、基本情報として私の家族をはじめ17人の従兄弟達の中に1人も糖尿病はいません。

実家で母は毎食30品目揃えるような完璧な食事を作ってくれていたので、糖化の原因は私の生活習慣病なのは明らか。

糖化は糖の摂り過ぎだけが原因ではない!

“もしや炭水化物カットだけではいけないのかな・・?”

うすうす感じていましたが、
糖化セミナーで糖化は単に糖のとりすぎだけが原因でないことが分かりました。

下の図のように最終糖化産物AGEsができ、血管に炎症を起こす過程は意外と複雑下矢印

糖化のプロセス

最終糖化産物AGEsができ、血管に炎症を起こす過程

  • 体内のAGEsの3-40%は食事による
  • 体の中でも作られる
  • 酸化ストレスによって増加する
  • 逆にAGEsの産生過程で活性酸素も発生する
    血糖値160mg/dl以上で急激にAGEsの産生が増える

こんな食事で糖化がどんどん進む。

では、どんな食事で糖化が進むかというと・・

美味しそうなこういうのや、

子供の頃から食べてた、または今も子供にあげてるビスケット類

要は、調理過程で

  • 炭水化物+熱120℃~
  • 還元糖+タンパク質+熱

を経ている食品には沢山含まれます。

昨年10月に、農林水産省が

有害化学物質としてアクリルアミドを提起

したとのこと。

有害化学物質アクリルアミド

  • とんかつ、唐揚げ、ポテチ、ビスケット、ウェハース、ベーコン、パンケーキ

共通点は・・どれも褐色で風味がある!
タンパク質や炭水化物食品を加熱して、褐色の風味がでるのをメイラード反応
といいます。メイラード反応は体内でも起こっていると考えられる。

  • 同じ食材でも調理方法でAGEsの発生がかわる。高熱・長時間の調理・水分量少なくなるほどAGEs↑
  • お肉を食べる時は、生→蒸す・茹でる
    の順にgood。おこげがつくくらいのグリルはAGEs↑、カリカリ揚げ物はアウト。

また、ジャガイモなどでんぷんは低温で還元糖に変化するので、冷蔵庫保存では糖化する左矢印“常識ですよね~”つて、講師の先生仰ってたけど、あなたは知ってましたか?私は知りませんでした。

・・そういえば、手術でよく肋軟骨を取ってましたが、加齢した方の軟骨は褐色でカチンコチン(若いと白くて弾力性あり)
でした。

AGEsがカラダに及ぼす影響

AGEsがカラダに及ぼす影響は、多種多様。いわゆる老化現象そのもの。

特に、皮膚や骨に貯まりやすいため、コラーゲンの変性による骨粗鬆症や皮膚の老化現象は顕著。もちろん卵巣機能低下による、不妊の原因にもなるといえます。

では、AGEsは減らせるのか?

気になるところかもしれませんが、次回に続く~
(酸化ストレスと糖化ストレスネタはボリューム大のため、小間切れで書いていこうと思っています。)

今日もお読み頂きありがとうございました!

松宮

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA