顔の靱帯に注入で老け顔解消

あっという間に残暑・・紫外線ダメージが一気に出てきやすいですね 。。

紫外線による肌の酸化ストレスはシミだけでなく、しわやたるみも引き起こします。

今回は気になるしわやたるみの改善方法について書いていきます。

ヒアルロン酸注入による若返り治療

ヒアルロン酸といえば、顔の皺や溝の修正が一般的ですが、テクニック次第では輪郭を整えたり、軽度のたるみの改善が可能です。

日本では、アラガン社のジュビダームとガルデルマ社のレスチレンのみが厚労省の製造販売承認を取得していますが、

アラガン社の提唱する、

“ビスタシェイプ”

は、ヒアルロン酸注入による若返り治療です。

数年前美容治療を始めてから、良く使用していたヒアルロン酸ですが、

アラガン社の製品の使用にあたり私もアラガン社のテクニカルシェアを幾度か受講してきました。

まずは、顔の血管や神経などの解剖と老化のメカニズムのおさらい。

お顔の老化は皮膚だけに起きているのではありません。

  • 骨格 ー 損失、交代
  • 筋肉 ー 肥大・拘縮
  • 皮下脂肪 ー 減少・下垂
  • 皮膚 ー しわ、下垂、皮膚質の悪化

こうした症状の改善には、しわそのものを見るだけでなく、顔全体を見て、立体的な改善を考えることが重要です。

 

ヒアルロン酸は目的に応じて固さや質が異なるものを使用するのですが

次々にレベルアップした新製品がでるので、復習を兼ねて講習を受けています。

この施術の何がいい??

ずばり、老け顔対策!

歳をとると皮膚や組織が下にたるみますが、60歳頃から骨のボリュームも小さくなり、

骨格が目立ち、段々と骸骨に近づいてきます。

こめかみ、目の下、おでこ、顎の凸凹が目立ち、いわゆる老け顔になりますが

凹んだ部位にボリュームを出すことで若々しいイメージになります。

また、もっと大きな特徴は顔の靱帯を狙って注入することで、リフトアップする筋肉の支え部分を強くして

頬から下の部分の引き上げ効果が期待できます

手術をするほどではない(orしたくない)けど、たるみが気になる方には最適です♡

<適応になるのは>
30-55歳位の法令線やコケ顔が気になる方

<適応になりにくいのは>
皮膚や組織が厚い方、たるみが強い方などです。

人によって使う量が異なるため、実際に診察をして、なりたいイメージと効果がでそうか?どの位必要そうか?

を相談して治療になります。

?ヒアルロン酸って不自然にならないの?

と、よく聞かれます。

シンプルに、正しい部位に適量注入する分には不自然になりません。

凸凹が目立つ部位に入れすぎるといかにも何か入ってます!的な不自然感が出てしまいます。。。

ビスタシェイプでは、基本的に深い部位に注入したヒアルロン酸は皮膚のたるみのストッパー代わりになってくれるので、凸凹が目立つことはあまりありません。(もちろん、その後の老化が進むと多少気になる可能性はありですが。)

また、今後のたるみ予防にもなります。

持続期間は、一年を目処にされるといいかと思います。(個人差あり)

ボトックスと組み合わせることで、つるんとした、なめらかな曲面をお顔で実現していきます。

最近疲れてる?!と言われる方
なんか顔がたれてる~という方

 

ビスタシェイプ、おすすめです。

一度ご相談ください♬

モニターさんのビフォー&アフター

最後に症例写真を1枚。モニターさんですが、同じ条件で撮影できずかなり見にくくてすみません。

左がビスタシェイプ直前、右が1時間後です。とりあえずこちらをご覧ください。

一番気にしていた口元のしわが改善し頬の位置が上がっています♬こちらの方で5本使用しました。もう少し追加してもいいかもです。

また綺麗なお写真アップします♬

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA