恋とホルモンの関係♡

恋は古来からの永遠のテーマ。生き物が優れた遺伝子を残すためのファーストステップといえますが、

Alexas_Fotos / Pixabay

傾城の美女クレオパトラとシーザーの話や有名すぎるロミオとジュリエットの悲恋、日本でも恋人に会いたいがために火事を起こして火あぶりの刑にされた、八百屋お七の物語や恋煩いがテーマの歌舞伎の娘道成寺など、、、

webandi / Pixabay

恋にまつわるストーリーはどれも激しくクレイジー!

 

“恋煩い”  “恋は盲目”   “恋に狂ってる”

 

などの表現にもあるように、恋って楽しいだけじゃなく、時に見境なくなって自分をコントロールできなくなる厄介もの。逆に冷静でいれるようでは恋じゃない!って、思う人も多いのでは?

では、恋をしてる時の特別な感じ、カラダのどこからきているのでしょう??

恋をしてる時カラダの中で分泌されるホルモン

恋愛には3つのステージがあると言われていますが、それぞれのステージでカラダの中で分泌されるホルモンにはこんな特徴が・・・

☆ステージ1:Fall in LOVE♡ 恋に落ちるのは抗えない!

とある心理学の研究によると初対面で会った異性が恋愛対象に入るかどうか決まるまでは1.5~4分間。その55%はしぐさ、38%が声のトーンやスピード、たったの7%が話す内容とのこと。ここで異性を魅了するのは女性ホルモン(エストロゲン)と男性ホルモン(テストステロン)。女性らしさ、男性らしさに必須。特に女性ホルモンは皮膚の潤いを保つなど女性の魅力アップに必須です。

 

☆ステージ2:Infacuation♡ 恋に溺れる・・

いわゆる、恋の初期。ドキドキワクワク、でも不安にもなる時期ですね。ここではアドレナリンやドーパミンが高くなり、セロトニンが低くなります。アドレナリンは“闘争と逃走の神経伝達物質”。好きな人を見ると胸がドキドキしたり緊張するのはこのホルモンのしわざ。ドーパミンは“野望と報酬のホルモン”。カップルが舞い上がったり、お互い独占したいと思うのはドーパミンの影響かも。セロトニンは“幸せホルモン“。ドーパミンやアドレナリンが作られすぎると、ホルモンバランスを崩しセロトニンが低くなってきます。幸せホルモンが足りないと、不安になったり寂しくなったり、食欲が落ちたり・・。恋煩いで食事も喉を通らないのはセロトニンが下がってるせいかもしれません。

 

☆ステージ3:Attachment♡ 恋から愛情へ

のぼせ上ってた熱々カップルも、彼からの連絡が来ないと不安になっていた彼女もセロトニン値が正常に近づくにつれ、冷静に周りが見えるようになってきます。“あれ、なんで好きになったんだっけ?”てなるのもこの時期。

全ステージを通してとっても大事なのは、“愛情ホルモン”のオキシトシン。スキンシップやセックス、出産時に分泌され相手に対して愛情や信頼感が高まります。

 

また恋する気持ちを盛り上げるのは

“恋のホルモン”、PEA。

脳内で作られる天然麻薬成分です。吊り橋効果で隣の相手に恋をしてしまう時に分泌される物質です。チーズやチョコレートにも含まれることがわかっています。

こうやって見てくると、私たちの恋愛はホルモンに操られていることがわかりますね!

恋愛できないのは「恋ホルモン不足」のせい!?

これらのホルモンはコレステロールを材料としビタミン・ミネラルの栄養素が不足しているとうまく作れません。また、ストレスや体に炎症があると、幸せホルモンは作られず、神経にダメージを与えるキノリン酸ができてしまいます。

また、女性ホルモンは400以上の大事な作用が知られていますが、太りすぎでも痩せすぎでもダメ。ストレスでも減ってしまいます。

あなたが魅力を十分に発揮して、素敵な恋をするためには・・

・ヘルシーフード

・楽しく運動

・夜はぐっすり眠る

・スキンシップを沢山する

ことが大事♡(ؔᵒ̶̷ᵕؔᵒ̷̶)

恋に振り回されることもあるけど、それもまた恋の醍醐味といえますね♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA