あなたのダイエットが終わらない理由~その2脂質編

ぽっちゃりメタボと炎症の関係

あなたのダイエットが終わらない理由~その1
で食事カロリーを減らし、運動してても太る、もう一つの理由が炎症かもしれません
と書きました。

食べ物もカラダが炎症を起こしやすいものと炎症を抑えてくれる火消し役がありますが

特に大事なのは

“脂質”

オイルとしても口に入りますね。
お医者さんも、学校の先生もお母さんも普通オイルの栄養素なんて知らないよね~

オイルソムリエYUKIEさん(写真右)のお話を聞く機会がありましたのでご紹介。

  • 積極的にオメガ3オイルを摂ろう
  • 酸化しやすいから保存状態の良いものを
  • 原料の収穫から何時間でオイルに抽出されたかも大事
  • オメガ3は基本加熱しちゃだめだけど熱に強いオイルもあり
  • オメガ3と書いてあっても実はニセモノも多い

とのこと

 

 

以前老化の原因について、記事を書きましたが、

(関連記事➡
アンチエイジングの中身って?!

ダイエットについても

“コレだけ気をつければすべてOK”

というわけにはいかず、

“もろもろ気をつけないとだめ”

と言えます。

その現れとして

・いつの時代も
“○○するだけダイエット”
のブームが来ては去って絶えず次のネタが尽きない。

・美容医療でも新型脂肪を燃焼したり凍結するマシンが次々に登場する←コレ!って決定打がなくどれもまぁまぁだからビジネスチャンスを狙って後発品が出続ける。

状態ですね。

では、今回の本題。

炎症が起きると何が悪いの?

         

メタボの人は血液中の炎症物質が上がっていることがわかっています。

“老化=炎症”

・・といっていいほど、炎症はアンチエイジングの敵なんです

なぜ、どんなふうに炎症を起こしてるかといいますと

1.グルテンやカゼイン、酸化した油など腸に負担のかかるものを食べる

  • 腸が炎症をおこす
  • 腸に接してる内臓脂肪にも炎症伝わる
  • 内臓脂肪から炎症物質が血液中に漏れ出す
    周りの臓器にも波及(肝臓など)
  • 血管の壁も炎症おきる
  • 血管の弾力性がなくなって硬くなる

(関連記事右矢印何を食べればいいの?!の前に~食物アレルギーネタ

2.炎症を起こす油(脂質)を食べる

  • 細胞の膜が硬くなる(血中の赤血球も)
  • 血流の流れが悪くなり血液ドロドロ
  • 冷え性、顔色悪い、むくんでパンパン

3.酸化・糖化ストレス(メンタル含む)

  • 炎症物質↑
  • 血管の炎症↑
  • 1と2と同様

 

“人は血管から老化する”

は昔から言われていますが、去年も池谷敏郎先生がこのタイトルで本を出版されてましたね。

メタボはまさに、

   血管の炎症からの血管の老化

老化しない生活をしていればメタボにならずにスリムでいれる。
という意味では

メタボ=老化

といえますね

では炎症を起こしにくい生活は?

お肉食べるときに気をつけたいこと・・
サプリでとるならどんな組合せが良い?

などについては、次回に続く~

今日仕事帰りに横浜駅で目に付いた看板
下矢印

やはりメタボ治療は需要があるのね~
と思いました。

 

天現寺クリニックでは栄養解析から始める血管ケアからの脂肪減量ダイエットを提唱しています。

ご興味のある方はお問合せください。

本日もお読み頂きありがとうございました!

松宮

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA